SUBJECT
マチアソビ完全攻略の為のその4~ufotablecafeから東新町~阿波踊り会館へ歩いてきました~
DATE
10月8日

眉山秋フェスタ×マチアソビの開催までに後2日
本日は、スタンプラリーの拠点である東新町~阿波おどり会館へ行ってきました。
台風が過ぎ去って、昨日とは一点、超快晴。

ufotablecafe

ufotable cafe店内。
この写真は二日前のもの。

ufotable cafe

ufotable cafeを出て、川を背に、写真の奥の方へ。

ufotablecafe 裏

建物を出て、左の方へ。

東新町1

すぐの十字路を右に曲がると、奥にもアーケードが現れます。
この通りのパン屋さんはおいしいと評判。

ゲーム

アーケード到着。
正面のTVゲーム屋さんには空の境界ポスター

goal

TVゲーム屋さんから数十歩で早くもゴール地点。
ここが東新町のちょうどへそ部分あたり。
昔はここにダイエーがあって、その7階あたりに東宝さんの映画館がありました。
「うる星やつら」も「マクロス」もここで見たなーと思い出しつつ、
今来たところを戻っていき、さっき曲がったところを曲がらず、
アーケードの入り口に向かって歩いていきます。

眉山おどり会館

入り口の左にはもう眉山の姿。
阿波おどり会館まで歩いて数分

ufotable cafeから東新町FeliCa設置場所まで約3分
そこから阿波踊り会館まで約6分
計9分。

concha

うちのスタッフお勧めのケーキ屋さん「CONCHA」
焼プリンがおいしい。

さぁ、明日はいよいよフェス前日
僕をはじめユーフォーテーブル徳島スタッフは眉山に上がって
動画体験やドッコイダー塗り絵等の設置に入っていきます。

今日も朝から舞台の設置ははじまり、どでかいクレーンで鉄骨をくみ上げていっております。
パゴダ会場のテントも着々と組み立てられ、いよいよのテンションです。

SUBJECT
マチアソビ完全攻略の為のその3~徳島駅前からufotablecafeへ歩いてきました~
DATE
10月7日

眉山秋フェスタ×マチアソビの開催までに後3日
本日は、スタンプラリーの拠点であるufotable cafeへ行ってきました。
とはいえ、タイフーン真っ只中
警報のなか、頑張ってきました。

rokusimast

徳島駅を背中にしての写真。
まっすぐセンターに眉山。

2

ロータリー左斜め前に小男鹿。
徳島土産の最高峰
かなりうまいです。ただ、ちょっと値段は高め。
偉い人へのお土産としてはコレだろう!お勧め。

3

TULLY’S COFFEE。
スタバのない徳島。珈琲ショップの代表格と言えばタリーズ。

そごう前の大通り

そごう前の大通りを抜けて、

眉山

さらに眉山がくっきりと。
超霧モードです。

橋からの写真

橋からの写真。
左奥にユーフォーテーブルの入っているビルがすでに見えます。

橋を越えて水際。

ボードウォーク

水際のボードウォーク。
ここにイベント当日はパラソルショップが25戸ずらーっと並びます。
その入り口には東京でもお馴染みカプリチョーザ。
外でのランチは気持ちいいです。

ufotable cafeからの景色

そこから数十歩で、ufotable cafeの入ったビルがあります。
2階に上がったらカフェ到着。
徳島駅から5分ちょっとくらいでしょうか。

ufotable cafe

ビルの逆側。昔の装いが残って素敵。
もう一枚はボードウォークのパノラマ。

これで、スタンプラリーは
アニメイト、四国大学交流プラザ。
ufotable cafe&ボードウォークの4箇所を制覇。
明日は東新町に行ってみたいと思います。

とにかく台風だね。
イベント当日からずれてくれたのは奇跡的
舞台の設置は大変だけど頑張る。
明日も夕方には徳島県庁に関係者集合だ。

SUBJECT
マチアソビ完全攻略の為のその2~アニメイト徳島→四国大学交流プラザへ行ってきました~
DATE
10月6日

眉山秋フェスタ×マチアソビの開催までに後4日。
本日は、スタンプラリーの拠点を2箇所回ってきました。

ロータリー

徳島駅の寄り写真と、徳島駅を出てロータリーから見渡した景色。
奥に霧で隠れてうっすらと眉山の姿。
徳島駅を背中にして右側にポッポ街というのがあります。
ちょっとこの写真ではわかりにくいと思いますが、アコムの看板が天井に置かれた建物です。

ポッポ街

電光掲示板の下に“ポッポ街”の看板。

ポッポ街

ポッポ街の通り。
全長で100mちょっとくらいでしょうか。
ポッポ街だけは変わらんね。
20年前とほとんど同じ印象。
すっごい味のあるタイプライター屋さんがあって、
前回徳島に来たときも寄らせてもらってインクリボンを買ったりしたんだけど、
店主がお亡くなりになったと聞きました。残念です。

アニメイト徳島

ポッポ街を入って少ししたらアニメイト徳島の看板。
全国おなじみの光景ですね。
どうしてアニメイトはどこいっても同じ匂いがするんだろう。
企業努力?偶然?とにかくすごいなー。
その中にTAYPE-MOON祭りのポスター。

TYPE-MOON祭り

TYAPE-MOONコーナーが
アニメイト徳島、南海ブックス1号店のどちらも設置されていました。
おおおおおおぉぉー、と目に飛び込んでくる武内さん書下ろしの色紙
マチ★アソビ、痛車の告知も。

南海ブックス2号店

通りを挟んでの2階に南海ブックス2号店。
入り口も熱いです。

typemoon展

こちらにもTYPE-MOONコーナー。
アニメイト徳島、南海ブックス1号店、2号店、共にマチ★アソビ期間中もこのコーナーを継続
さらに、マチ★アソビに来てくれる出演者関連のコーナーを設置してくれるとのこと。
是非、みんな寄ってください。

アニメイトさんが、スタンプラリーで徳島駅から最も近いポイントがここになります。

ゲーム グッズ

さらにポッポ街をまっすぐ進むとプライズ系のグッズを置いてるショップや、
UFOキャッチャーばかりのコーナーがあったり、
最近出来たというアイス屋さん。

15個100円

野菜の即売コーナーも。
すだち、安っ!15個くらい入ってますよ。しかも無農薬。

ポッポ街出口

そうこうしていると出口。

四国大学交流プラザ

ほぼ目の前に四国大学交流プラザが出現!
バス停も目の前にあって、徳島駅西、となっております。

というわけで、普通に歩いて徳島駅から5分はかからないと思います。
アニメイトを寄って、四国大学交流プラザと2ポイントをわずかなタイムでクリア!

上の画像に入れたようなところをゆっくり見ながら、楽しみながら、
スタンプラリーをワイワイしてくれればと思います。

明日は徳島駅からufotable Cafeへ歩いてみたいと思います。

SUBJECT
マチアソビ完全攻略の為のその1~眉山登ってきました~
DATE
10月5日

眉山秋フェスタ×マチアソビの開催までに後5日。
いよいよということで、僕も徳島入りして準備に追われています。

公式フライヤーも配布され、楽しみにしてくれている人もいるかと思います。

でも徳島県外の方からだと、 各イベントの場所が様々で、

  • それぞれのイベント会場の距離感はどれくらいなの?

  • 眉山ってどんなとこ?

  • イベントをどんな感じで楽しめば有効的?

と思っている方も多いはず。
ってのを僕なりに紹介できればという、
眉山秋フェスタ×マチアソビ開催1週間前の緊急企画です。

ここからおもしろがってもらえればと思います。

まず、今回のイベントの舞台の中心である、眉山に上がる為にはどうすればいいのか?

眉山に上がる為には大きくわけて3つの方法があります。

  1. ロープウェイ


  2. 今回イベント期間中、山頂に駐車場がありませんので
    車を使用して山頂に行くことはできません。
    正確に書けば、山頂に車で行っても駐車するところがないので、降りてこなくてはならなくなります。
    徳島市観光局がシャトルバスを運行することになりました(11日、12日の2日間)。

  3. 自力で登山
    ロープウェイとシャトルバスでかなりの人数を運ぶことができます。
    ただ、今回は第一回。
    もし、それ以上の方が足を運んでくれたら。
    嬉しいことではありますが、その場合も考えなくてはなりません。
    となると、自力で登山!になるかもしれない。

眉山

というわけで、実際に本日、登ってきました。

徳島駅からまっすぐ歩いて10分かからないくらいのところに阿波踊り会館があります。

眉山

この阿波踊り会館の中に、ロープウェイの発着場があります。
阿波踊り会館の紹介は別日で行うとして、本日は山登り。

天神社

阿波踊り会館の横にある天神社。 僕自身が眉山に自力で登るのは初めて
(遠足で行った事があるハズ!と弟に突っ込まれたけれど全く記憶になし)で、
阿波踊り会館の受付で道の説明を受けてから出発。

天神社

天神社に上がって、その横の通りを抜けて上へ上へ。
ここまでまだ数分。
いい感じのロケーションで風情いっぱい。

看板

少し広い通りに出て、この看板を境に、いかにも山道な感じに。

山道

休憩所っぽいところもありつつ、どんどん上へ上へ。

鉄塔

奥に見える鉄塔は? と思ってうえへ上がったらロープウェイをつなぐ柱のひとつでした。

鉄塔

ロープウェイの柱の下からカメラを下に向けたもの、上に向けたもの、の写真ですね。
いい感じです。

200m

200m越え。ここらへんから少々きつくなってきました。
傾斜も写真にあるようにそこそこに角度あります。

300m

300m越え。
この目印が出るのが楽しみになってきました。
ひたすら上る上る。

400m

400m越え
後ろに人が移っていますが、結構、すれ違う方は多かったです。
20人近くの方は確認できました。
親子で上っている人もいたし、お年寄りの方がスイスイと上っている姿は素敵です!

石畳

ここらから突然、石畳に。
劇場版「空の境界」主人公の両儀式の自邸につながる道を思い出してしまいました。
上から血が流れてきたらさぞかし怖いだろーなあーと。
そうこうしていると、上にアニメの透過光処理のような景色が…着いた?

パノラマ1

ちょっと広い空間に出て、写真をパノラマで撮ってみました。

石畳2

そこを越えると、また違った石畳に。
ここからはそこそこに急な傾斜が一転して緩やかになります。
そして600m。

展望台

建物発見!
建物を進行方向、左に歩いていくと展望場に到着。 やったー。

景色

そこからの景色。
夜景100景に選ばれるほどに夜はきれいです。
この景色に到着したーという気持ちはさらに高まること間違いなし。

鉄塔

眉山のポスター制作の際、山の上にシルエットぽく描いたのはこれですね。

夕景

夕方になってきました。
下の展望場から上にあるパゴダの広場へと上がっていきます。
50mくらい。

パゴダ

パゴダ広場からの写真。
ここの会場に300インチのスクリーンを持ち込んでの上映会や、
オーガニックの市場や、動画体験なんかが催されます。

駐車場

パゴダの広場から少し降りたところにある駐車場。
かなりの広さがあるのですが、ここがメイン会場になります。
パゴダ会場から見下ろすことができるのですが、歩いてみると5分くらい。

ぽかり

というわけで、疲れた体にポカリスエット。
マジでうまいです!いっきに飲み干しました。

眉山を歩いて上るということについては、
特に大きな問題は感じませんでした。
距離としては600mちょっと。
時間は40分くらいでした。
早い人だと30分切るそうです。
うちの徳島のスタッフで眉山上りを気に入った子がいてもう何度も上がっているそうです。
体力に自身のある方は是非!

ただ、注意点がいくつか。

  • 夜は危険です。
    ほぼ真っ暗になってしまいますので、地面が見えないし、
    角度が急なところがあるので本当に危ない。

  • ヒールの高い靴とかもNO。

  • 両手に荷物はないようにした方がいいと思います。
    岩とか掴んで体を支えたりすることがあるかもしれません。

  • 途中で自動販売はありません。
    水分補給の準備もしたほうがいいかもしれません。

  • 山登りは(僕の)予想以上に体力を使うものでかなり汗をかきました。
    上がってしまえば風も通りよく冷えてしまうかもしれませんので、
    快適に遊んでもらうためにはタオルや着替えのシャツもあったほうがいいかもしれません。

アニメファンの為の、
「眉山秋フェスタ×マチアソビ」完全攻略する為の遊び方、今日の教訓。

★混雑が予想される11日12日のロープウェイは避け、
10日のうちにロープウェイはのっておき、11日、12日は登山で山頂へ!
それで下山は、ロープウェイかシャトルバス。
自力で降りる場合は、日が暮れる前に!

SUBJECT
渦戦士エディ &フェス概要+ビデオレターも
DATE
10月2日

渦戦士エディの参加が緊急決定しました。
徳島を守ってるのはマヴェル以外にも存在したとは(笑)
マヴェルは眉山から生まれたのだが、
名前通り渦戦士は鳴門の渦潮。
このふたつの戦隊が同一イベントに参加することははじめてらしいです。
なんか色んなことで盛り上がってきましたよ!

僕は今晩から徳島入りしました。
到着してそのままスタジオ入り。
早速、打合せをスタートしました。
眉山秋フェスタ×マチアソビを素敵なものになるような準備が開催まで続いていきます。

何ヶ月ぶりかに徳島に来て変わったことは、
スタジオから見た川の景色。
もともと電飾で夜の姿は綺麗なのですが、
さらに青色のLEDがされ、
その明かりが川に映りこんでさらにいい感じです。

そして、明日から劇場版「空の境界」徳島で7章の公開。
それにあわせてのufotablecafeでは、7章の原画展スタートでその準備にも追われています。

とにもかくにも、今回のフェスは東京から友達総出演!
みんながみんな何かしら見返りがあるわけでなく
徳島で盛り上がろう、
来てくれた人に盛り上がってもらおう、
自分達も盛り上がろう、
と思ってやってきてくれていて、
そういう仕事を超えた向こう側のフェスになっています。

今日もある人の参加がさらに決定。
ビデオレターとしても、
「住めば都のコスモス荘」「エルフを狩るものたち」原作者矢上さんから、
「テイルズ・オブ・シンフォニア」コレット役の水樹さんからも、
レターを頂きました。
ありがとうございます!

SUBJECT
あわわさん
DATE
10月1日

先ほど、HPを見たところ創刊は1981年。
すごいなー、もうすぐ30周年。

一度、オフィスにもお邪魔しましたが
さすがにお洒落さんでいい感じでした。
県外からいらした方はこの機会に手にとってみられたらと思います。

SUBJECT
緊急参加! バンダイナムコさん
DATE
9月30日

ufotableはバンダイナムコさんの新作「ゴッドイーター」という作品の
オープニングとPVを担当させてもらいました。

http://news.dengeki.com/elem/000/000/198/198075/
上記は先週行われたゲームショーでの模様。

眉山秋フェス×マチアソビに遊びに行きたいと思ってます、って雑談をしてて、
だったら、参加しようよ!ってことになりました。

11日の野外シアター
ユーフォーテーブル新作のコーナーでゴッドイーターのPVも上映したいと思います。
HD-SRの最上位スペックを準備中ですのでご期待ください。

SUBJECT
WEBラジオ
DATE
9月29日

今回のフェスは参加者がアクティブに動いて欲しい。
そして、イベントや催しを体験して欲しい。
そう思って内容も考えました。
公開録音もそのひとつです。
来てくれた人の活気までマイクが拾ってしまうくらいの距離で、
企画者も参加者も出演者もひっとところで同じ空気感を演出する、
そんなフェスになればと思っています。

だからこそ、怪我をしたり事故したり、することのないよう、
個々が節度を持って、その場所、その時間を楽しんでもらえることをお願いします。
出演者と参加者の間に必要以上の壁やガードが発生しなくてもすむようになればいいな。
まだ気は早いですが、次回ももっと色んなことが出来るよう、
フェスに来てよかったと思えるよう、
参加者みんなの力でお願いできればと思います。

SUBJECT
アニメイト徳島+南海ブックス
DATE
9月28日

本日はアニメイト徳島さんと南海ブックスさんのご紹介。
僕がまだ高校生だった頃から南海ブックスさんはあって、
その頃は今あるポッポ街というショッピングモールの中じゃなくて、
徳島シティというファッションビルの中にあったんですね。
当時も徳島シティって名前だったかどうかは覚えてないですが…。

品揃えは、今の時代と比較すれば
商品自体がまだまだ少ない時代だったけれど、
徳島では数少ないマニアックな店だった。

他には、アニメポリスペロがあったけれど、
僕が中学の頃には無くなってしまった。

当時の徳島にはキャバーンっていう
輸入盤専門のレコード屋さんもあって、
そういう意味でも当時の徳島はおもしろかったんじゃないかな。
名盤堂という中古レコード屋さんとハシゴするのが好きだった。

後、元町レコードというレコード屋さんにちょっとだけアニメのグッズなんかを置いていた。

でも、今では、アニメポリスペロもキャバーンも
名盤堂も元町レコードもなくなってしまった。
南海ブックスには頑張ってもらいたいな。
ちなみに、アニメイト徳島は全国あるアニメイトで唯一のフランチャイズ店。

SUBJECT
マウス&ダイスネットワーク
DATE
9月27日

マウスとダイス。
今回のイベントのエンタメ担当だね。

今日の紹介であるように、
いっぱいやってくれている。
マウスの納谷さんは、今回、講演もあるし、大忙しだ。

9日の夜、声優の阿久津さんの生放送のラジオがあるとのことで、
そこからみんなで車に乗って徳島入り。
とにかく事故には気をつけて、と。
徳島で会いましょう!

といったものの、
今日はある作品のダビングがあって一緒だったし、
明日もある作品のオーディションがあって一緒。


creator's office ufotable