SUBJECT
新人歓迎会
DATE
4月25日
木曜の24日、新人歓迎会をカフェで行いました。
今年は、作画、制作、仕上げ、漫画で、
経験者も若干混ざりつつ、10名ちょっと。

アニメって不思議なもので、1作品修羅場を共にすると、
もう何年も一緒にやってきたような感覚に襲われる。
「まなび」ん時に入ってきた撮影の女の子とか、まだ2年なんだけど、
2年って感じがしない、もっともっと長く一緒に仕事をした感じ。
それくらい密度が濃いんだと思う。

研修はすでにはじまっていて、
「今年の新人はすごく優秀」だと教えてる人達から聞いているので楽しみです。
動画から原画に上がるための研修も始まっていて、
12週間連続トレーニングなるものも実施中。
先生は空の境界3章作画監督の小船井さん。リッチですねぇ。

本当に、何年後かに、今、動画だったり、新人だったりする人達が、
メインスタッフになっていくようになってほしいなあと思います。


毎年の新人歓迎会は、カフェが閉まってもそのまま放置してもらって、
朝までダラダラ&テンション高く、“飲み”“騒ぐ”のですが、
4章公開を控えた時期なので、2時間でビシッと終了。
帰宅するものは明日の仕事にそなえて帰宅。仕事に戻るものは仕事、と解散しました。




SUBJECT
次回ufotablecafe展示スペースは「空の境界」版権特集!
DATE
4月21日

今、ufotablecafeで展示中の
「まなびストレート! DIRECTORS' WORKS」掲載の原画を生で見よう展」
の後、次は何をしようかなーと考えてました。

「空の境界」は3章まで原画展やったし、4章公開はもうちょい先、
今、「フタコイ」再放送中なので、「フタコイ」もありかなーと思ったりしたのですが、
ずーっと原画原画で来て、原画は基本動きを追っかけるものなので、
今やってる「まなび」は動きをまんま展示したらスペースがえらいことになりました。
それでも、書き込みになっててセルわけが少ないのに絞ったのでまだなんとかなりましたが、
Aセル、Bセル、Cセル……がわかれまくってるカットだったら、
1カットで展示スペースがいっぱいになってしまう。

というわけで、今回は原画は原画だけど、“止め”。
それも、版権に絞ろうということにしました。
「空の境界」は版権がめちゃめちゃあるのでちょうどいい。
うちでやったDVDの通常版用のパッケージ、
1巻目はもうお披露目されていますが、2巻目もできたので、
そういうのの生原画を展示。もちろん、1巻目も。
ポスターの原画に、色校といって、試し刷りも公開しよう。
というわけで、
最近恒例になりつつある、
カフェに来てくれたお客さんにコースタープレゼントを、
キャラデの須藤で、完全新作書き下ろしをすることとなりました。
パチパチパチ。

期間は4月の終わりか5月の頭からになると思います。
詳細はまた別途。
画像は↓な感じ。




SUBJECT
「空の境界」アフレコ中
DATE
4月20日
アフレコ速報。
今、やってます。

シナリオから今日まで1年以上。
準備に準備を重ね、作業をしてきたのに、
それでもアフレコ現場で台詞の直しが入ったりする。
つくづくフィルムは“生もの”だなぁーと思います。

現在、 お昼中。
お弁当はこんな感じ。





SUBJECT
「空の境界」4章台本が届きました。
DATE
4月16日
粘りに粘って、
カッティングを3回、仮アフレコも行って、ここまで調整してきたので、
「ようやく来た…」という感じが強いですね。
表紙は橙子さん初登場。
カフェのコースターはこれで決まりですね。
絵描きさんの絵コンテや発注内容に縛られない、落書きに近い絵はすごくいいですね。
下記は、AR台本に通しナンバーをつけているところ。
流出を防ぐために、何番を誰に配布したかを記録します。




「テイルズ」4巻の評がアニメージュに載ってると聞いて、見ました。
アニメ雑誌は 会社に常備しているのですが、まだ目を通してなくて、
発売して結構経つので、なんで、今更?
だったのですが、だからこそサプライズ感もあって嬉しかったですね。
けっこう褒めてくれていたし、よかったよかったです。
「フタコイ」も再放送が始まったようで、DVDもあらためて出るとのこと。
久しぶりにキング山中Pとのお仕事(とはいっても、結構会ってはいるんすが)。
書き下ろしだったり、OPEDのリアレンジだったりで、
楽しみながらやれればなと思います。


SUBJECT
「空の境界」DVD用MIX
DATE
4月13日
先日、某音響スタジオで『空の境界』2章のDVD用MIXを行いました。
劇場用の5.1chでダビング、公開したものを、
DVD用の5.1chと2chのMIXをあらためての作業。
リッチですね。
無事、完了しました。
5.1ch環境がある方も、ない方も、楽しめる仕様になってるので、
1章の発売まであと、1ヶ月ちょっと、2章だと2ヶ月ちょっとですね。お待ちください。


DVD用で思い出しましたが、 梶浦さんも、
EDの曲を映画公開用に5.1ch用と、2chのふた仕様を作ってくれています。
そういう意味では、「oblivious」他のED曲の 5.1ch版が聞けるのは、
映画とDVDだけになります。要注意です。



そうそう、後、昨日から、名古屋での上映がはじまりましたね。
僕は上の作業もあって行けなかったんですが、
アニプレックス岩上Pは行ってて、すごく環境がいいところだと、連絡入りました。
岩上さんに誰か気づいた人はいるのかな?


SUBJECT
ufotablecafeにて「空の境界」原画集販売スタート
DATE
4月10日
東京アニメフェアにて先行販売した『空の境界』原画集をufotablecafeにて
4月10日より販売をスタートします!

また、現在ufotablecafeで開催中の
「まなびストレート! DIRECTORS' WORKS」掲載の原画を生で見よう展」が
嬉しいことにすごく好評。
cafeでも販売中の同本が品切れをおこしたのですが補充も完了しました。
展が開催中、同本の購入者にはちょっとしたオマケをつけてますのでお楽しみに、です 。



社内はというと、今年の新人も入ってきて、作画、仕上げ、制作と研修を行っています。
慌しい状況は相変らずですが、
5月24日公開と、発表になった4章公開に向けて全力でむかっています。
アフレコもいよいよ、ですし、
今日は、アフレコの前に収録を行い、
作画にフィードバックする必要があるシーンがあり、
鈴村さんに一度来てもらったりもしました。
バッチリでしたよ。一発で決めてくれました。


SUBJECT
東京アニメフェア終了→まなび原画展スタート!
DATE
4月1日
東京アニメフェア・パブリックデイ2日目は、
「空の境界」原画集が持ち込み分完売して、
15時30分より 伽藍ノ堂を開放。
記念撮影だったりを行いました。


原画集はユーフォーテーブルHPにて
近々に受付をスタートしますのでお待ちください。



いよいよ本日より、
「まなびストレート! DIRECTORS' WORKS」掲載の原画を生で見よう展」が開催。
朝8時までかかって展示の準備に追われました。


まっすぐゴーの原画も、サングラスの原画も、流れで展示しました。

そして、今年の新卒ならびに新人の大半が今日から出社。
新しい門出です。

SUBJECT
東京アニメフェア・パブリックデイ1日目。
DATE
3月29日
すんごい人でした。
朝10時会場ぎりぎりに国際展示場正門に着いたんですが、
あまりの人にびっくり。
駅の改札から会場まで歩いて10分くらいはかかるというのに、
そこから列ができている。
早歩きしながらデジカメで撮影。




中に入ってもこの状態。


さて、ユーフォーテーブルブースでは、本日から原画集販売スタート。
持ち込んだ数量の75%ほど1日目で販売完了。
ありがとうございます。
今回のフェアでは追加で持ち込むのはやめにして、
もし早めに完売の際には、橙子さんの机に希望者がいれば座ってもらって
「記念写真でもどうぞ!」ということでもしようと企画中です。
黒桐君が1章の眠っていたソファーも開放。
もし、この日誌なるものを目にして、
上に書いたことに興味がある方は、
午後のどこかでユーフォーテーブルのブースを覗いてみてもらえればと思います。

SUBJECT
東京アニメフェアスタート
DATE
3月27日
本日から東京アニメフェアスタート。
今、まさにブースの中で日誌の更新をやっています。
ビジネスデイなんだけど、結構な人ですね。
一年に一回ここであって近況報告な方も多く、ずっと挨拶な日々。
昼ごはんも朝を兼ねて菓子パン一個。
ドリンクはもちろんボルビックを持参しました(笑)


伽藍ノ堂セットは画像のとおり。
原画集の販売は今週土曜日曜、東京アニメフェア
ユーフォーテーブルブースで行います。


SUBJECT
東京アニメフェア搬入前日+コヨーテ
DATE
3月24日
かなりハードな日々。
『空の境界』。 劇場を7本、つくるということのヘビーさを日々実感しております。
それに加え、東京アニメフェアがかぶってきて、
次回のカフェのイベント「まなびの原画展」の準備、
4月から入ってくる新人を迎え入れる準備もある、+etc

苦しいです。 気がつくと深夜12時を回ってて、
そこからどれだけデスクワークできるかが勝負。
これを次の日に持ち越すと、
johnの「across tthe universe」じゃないですが、
カップに入れた水が、溢れ出してしまったら
すくえなくなるので、そうなる前にやるしかない。
“今日の仕事は今日のうちに”。
結局朝方まで終わることがない。


今日は、明日から東京アニメフェアのブース設置の搬入がはじまるので
制作を中心に作業が進められ、
少しでも手伝えそうなスタッフを見つけてはかつぎだして、準備をしていました 。
伽藍ノ堂の設置準備が一番大変なのですが、
積み上げられたテレビが落ちてこないようにと、
一日がかりで、木材を切ってはセットの補完もやってましたね。
あの映像の感じを出すために、
監督3人でバタバタと何時間もかけてテレビを積み上げていったので、いっそう難しい。



コヨーテのフランス版コミックが出ました。


creator's office ufotable